« シュークリームの気持ち | トップページ | ポスカ »

京都的景観ってなんですか?

1_2 京都は今日、雨が降りました。最近、晴れたり降ったり…変な天気です。

 ところで先日、同志社のプロジェクト科目をしている知人から「大学でシンポジウムするねん!」と連絡をもらいました。題して、

「共有・継承すべき京都の文化的景観とは何か~自問と対話を通して~」。
2007年11月10日(土) 13時~16時(開場:12時半)
同志社大学 新町キャンパス 臨光館301号室 参加費無料!

 京都の景観について考えるシンポのようです。私、このテーマにめっちゃ興味あります。うちね、「日本的=京都」って違うと思うねん。なんか和風にしたら「京都的」なんて感じがあるけど、「そんなん『京都』でなくても和風な景観できるやん!」って思うし。「京都」じゃなきゃできない景観がいいねん!

なんていうか、「京都らしさ」を「日本」から特化できたらなぁ~て思う。だったら「西陣織」「友禅」とかになるんかなぁって思うけど、何も伝統あるものにこだわる必要もないかも。なんかこう新鋭の京都アーティストの感覚とかもあったら面白いと思うねん。うん、このシンポはいろんな人に京都的景観を考えさせるキッカケになるんちゃうかなぁ?

 あ、ちなみに彼のプロジェクト(「京都の文化的景観~その保全活用とまちづくりを結ぶ」)は普段、まちづくりイベントなどに参加しているようです。そして、いつか自分達でも「まち歩き」のイベントをしたいんやって。なるほど、このシンポでの発見がまた、まち歩きイベントに繋がりそう!!

 彼曰く、「シンポにいろんなパネラーが来てくれはるし、面白い話聞けると思うし!!」…だって。なかなか良さげなので、みなさんもぜひ行ってみてください。

 ほんまに…京都らしい景観ってなんなんでしょうね? まろ

「景観イベント資料」をダウンロード

|

« シュークリームの気持ち | トップページ | ポスカ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

 「京都らしい景観」一番良く知って居るのは桝本市長さんかも。何しろ、フランス(の前大統領シラク)の文化帝国主義に押されて“芸術橋”なるものを四条と三条の間の鴨川に架けようとしたのはついこの間、宗旨替えでもしたのか、今度は街中の建物の高さを30m位まで押さえ込もうと言う京都景観百年の大計を立てる程の抱負をお持ちなのだから。

投稿: 槃特の呟き | 2007年11月 2日 (金) 17時35分

とりあえず京都すてーしょんの形はどうかと思う今日の日のこの頃です☆

投稿: つじP- | 2007年11月 3日 (土) 22時11分

桝本さんは家のオヤジとオカンの仲人さんだったりします。というプチ自慢。

投稿: イマジュン | 2007年11月 3日 (土) 22時35分

槃特の呟きさんへ

 フランス橋はちょっとナイですよね笑。ビックリしましたよ、ほんまに。
 いまだに桝本市長が市長であり続けてるのがスゴイ!

投稿: まろ | 2007年11月 5日 (月) 13時47分

Great work!
[url=http://qlfojoju.com/bdyd/pvhp.html]My homepage[/url] | [url=http://jwiqagag.com/aqmi/nyjl.html]Cool site[/url]

投稿: Marla | 2007年11月28日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392381/8716752

この記事へのトラックバック一覧です: 京都的景観ってなんですか?:

« シュークリームの気持ち | トップページ | ポスカ »