トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

GWは京都に行きょうと!!!

どうもみなさん!!!

この時点でこのブログを見てくださってる方はどれくらい居るのでしょうか。
全く手探りな中頑張ります「京都ソーダ割り」をよろしくです。

もう世間はGW真っ最中ですね。我々同志社大学も4月28日~5月6日まで休みです。
この間、何をしようか迷ってる方・京都に行こうかと思っている方のために「フリーマーケット」「クラブ」の情報をアップしようと思います。

まずは、お買得品からアーティストの作る芸術作品まで色々あります、フリーマーケットです!

1日 今宮神社「今宮一の市」
6日 大将軍八神社「大将軍一の市」
8日 因幡薬寺「てづくり市」
12日 妙蓮寺「楽市楽座桃山文化村」
13日 上賀茂神社「かみなり市」
15日 知恩寺「百万遍さんの手づくり市」
17日 京都市役所前広場「市役所前フリーマ」
18日 上御霊神社「さえずり市」
21日 東寺「弘法さんの市」
25日 北野天満宮「天神さんの市」

そしてGWは踊って盛り上がりたいという貴女におススメ、「世界-WORLD-」というクラブの情報です!

世界 -WORLD-
●ADDRESS
京都市下京区西木屋町四条上ル真町97
イマージアム B1F・B2F
B1F.B2F IMAGIUM
97 Shinmachi, Shijyo-agaru, Nishikiyamachi, Shimogyou-ku
KYOTO, JAPAN
●TEL / FAX
TEL:075-213-4119
FAX:075-223-5205
●URL
パソコン ー
http://www.world-kyoto.com/
ケータイ ー
http://www.world-kyoto.com/mobile/
●E-mail
info@world-kyoto.com
●ACCESS
京阪四条駅より徒歩5分
阪急河原町駅北1番出口より徒歩1分 喫茶ソワレ隣、イマージアムビルBF

JR京都駅 市営地下鉄四条烏丸~阪急烏丸~河原町駅 1番出口
JR京都駅 タクシー 四条木屋町 "FUJIYA" 前下車

5月2日-Wed[HIP HOP/R&B]
●ESSENTIAL
GUEST DJ:HASEBE a.k.a OLD NICK/DJ Mr.CAMP(Booty)
REGULARS:SANCON/DJ DANBO/DJ 2g RICE
MC:MEG/RACY

OPEN/START:22:00~deepnight adv3000yen (w/2drink) door3000yen (w/
1drink)



5月3日-Thu[HOUSE]
●NITELIST MUSIC Presents EMMA HOUSE -GW SPECIAL-
MAIN DJ:EMMA(NITELIST MUSIC)
DJ:K-JI(SOUL TRAX/Hi-STORY)
VJ:E-RANGE

OPEN/START:22:00~deepnight adv2500yen/(w/1drink) door3000yen/(w/
1drink)


5月4日-Fri [REGGAE MIX]
●ONE LOVE
SOUND:HIROTO DA YANKEE☆
STAGE DANCER:Y℃;AIM↑
KYOTO SOUND:D.K.S.SOUND with HI-RANK/DJ TAKUMI

OPEN/START:22:00~deepnight WOMAN2000yen(w/1drink) MAN2500yen(w/1drink)


5月5日-Sat [HOUSE/JAZZ]
●anthem meets JAZZTRONIK
MAIN DJ:野崎良太(JAZZTRONIK)/feat.Vocal: SONOMI TAMEOKA
GUEST DJ:☆Taku Takahashi(m-flo)
DJ:ISAI(SOCKET CREATIVE.)/k###n NERO(Ace cafe RED)/翔(rhythm)

OPEN/START 21:00~deepnight adv3000yen/(w/1drink) door3500yen/(w/1drink)

少し偏ってしまった感は否めませんが是非参考にしてもらえればと思います!!
私たちも今後はフリマクラブに実際出向いて取材をして、色々な情報をアップしていく予定です!!

そしてGW明けには先週ブログでお伝えしたシリーズの目玉企画

外国人留学生から見た京都

京都と水

なども随時アップしていく予定です!!!ご期待ください!!!

みなさんが素晴らしいGWをすごせます様に・・・愛をこめて

担当:福田

-English-

Hello everyone.

Who knows how many people have watched this blog...

Anyway, keep watching this blog please!!!

So we will go to [Free market] and [Club]in kyoto then upload some or many information here.

Also article about [Kyoto seen from the foreigner student from overseas]

and [kyoto and water] will be here soon!

Please look forward it.

with love

Yuji

Cell_picture_564_3 

←抹茶!?らーめんです。 どんな味か想像できますか?!

Chinese noodle with green tea. Can you imagine how  it  taste?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テーマ決定!

皆さんこんにちは!ようやくこのサイトでお送りするテーマが決定しましたので報告したいと思いまーす。

まず一つは『外国人留学生から見た京都』です。これはですね、外国人の方に何故京都に来たのか?京都の魅力ってどんなとこ?などなど外国人留学生の方の目線で、価値観で語ってもらいそこから京都の新しい魅力を発見して、インタビューなどの動画を交え配信していく予定です。

もう一つは『京都と水』です。京都は盆地で地下水も豊富です。京都と言えば、お茶、豆腐、野菜、お酒それとたくさんの名水や水と関わる神社仏閣など水と関わっているものがたくさんあります。つまり京都と切っても切り離せない関係といっても過言ではない『水』という切り口で京都を皆さんにお伝えして、京都の魅力を伝えられたらなぁと思います。

上の二つは定期的に更新していく予定です!さらに不定期の特集記事として『京都の物作り』、『京都のクラブ』などなど魅力的な内容でお送りしていきたいと思いますー!

なにを隠そうブログに書き込むというのが始めてなので、さぐりさぐりというか硬い内容になってしまいましたね。誰が最初にネタを書くのか!そちらの方も個人的に乞うご期待!(笑)皆さん、このサイトが崩れてきたらご指導ください。

今回の担当は五月三日、ゴミの日生まれの伊田でした。

って早速ネタかーい!!

追記:近所の京都御宛で綺麗な花を見つけましたので載せておきます。春を感じますね。

R0016327_2























<English version>

A decision on a theme!

Everyone, good afternoon! The theme which was finally sent at this site was decided.

One first is 'Kyoto seen from the foreigner student from overseas'. Why did you come to Kyoto? As for the charm of Kyoto?  We have it talk with an eye line in the foreigner student from overseas with value. The new charm of Kyoto will be discovered from there, and an interview motion picture will be transmitted.

One more are 'Kyoto and water'. Kyoto is rich in the subterranean water as well in the basin. There are tea, tofu, vegetables, liquor and famous water in Kyoto. Then, there is much shrines and temples and so on concerned with water. There is much relationship between 'water' and Kyoto. We tell everyone about Kyoto in the cut end of 'water'.

Two of the top will be renewed regularly! We want to transmit 'Manufacturing of Kyoto', ' The club of Kyoto' more as an article of a un-fixed term!

They became hard contents because it was a begun article. Interesting contents will be transmitted freely from now, and it will go. Thank you for your cooperation.

Last charge was Ida.

Postscript:I found beautiful flowers in kyotogoen(京都御宛) in japanese.  Don't you feel spring, either?

R0016327_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに。

とりあえず開設したと言う印だけでも。
ネットサーフィンで何となくここに迷い込んだ方は初めまして。

このブログはこれから1年間、京都の歴史・文化等を外国人や留学生の方々にも分かりやすく、バイリンガルで伝えていこうとするために開設しました。メンバーが8人しかいないのでどこまで出来るか分からんのが悩み・・・っ

今のところある程度コンセプトが決まった段階ゆえに、4/16(月)現在では2~3個程度のテーマをそれぞれ週1回ペースで更新していく予定・・・

何故「京都ソーダ割り」?それは

「ソーダのように飲みやすく、はじけた内容」にする意味を込めている・・・はず。
ちなみにメンバーの一人がこのタイトルを出した瞬間に満場一致で決定しました(笑)

またPodcastを利用した映像配信も考えてます。配信開始の際はこのブログでお知らせしますのでiTunes導入の準備をしておいてくださいませー。
あと個人的にはこのブログがRSSフィーディング対応しているのでそちらも活用してもらいたくー。

それではご挨拶を終わらせて頂きますかね。今後の更新にご期待しないでください(ぇ

私信:春らしい、もしくは京都らしい画像がなかったので勘弁してくだせぇ(^_^;

so, i'll make the first entry to proof this blog was opened...
say hello to the fellows which surfed through this blog, shouldn't i?

this blog will report about what's goin' on in Kyoto, Kyoto's history and culture in bilingual, intelligibly for the foreign travellers, student overseas, etc. well the problem is that there are only 8 members for this blog, so that i can't grasp how far that we can do it...

why is this blog called "Kyoto-Sodawari"? the reason is, we wanted to make this blog to be inteligible and bubbly contents. "sodawari" means a grog with soda. by the way, it was unamimous when this title was candidated by one of the members :-)

we are also planning to broadcast Podcast movies, so everyone who's seeing this blog should maybe install iTunes from Apple. we will have a notification in this page.
also there is RSS feeding so personally, i will recommend to use this also.

so, let's end this long greeting, and don't have an expectation for the later updates (joke :-)

17日23:25追記:

R0016047_2中伏木教授から画像を頂いたのでテストも兼ねて上げておきますー。
個人的には普通に桜を撮影したものよりもこんな味のある写真が好き♪

added on April 17, 11:25PM

i'll have a test for uploading the photos, yeah i like the photo like the photos taken like this with some kind of tastes, not just taking the pictures of "cherry blossoms".

担当:木村   written by Kimura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年5月 »